なめこの巣を育てながら、箱庭系ゲームを思う。

半年くらい、ゲームとかやってなかったんです。

iPad miniではゲームをやらない!

仕事専用にする!

・・・そんな風に一応決めてたので、iPod touchが壊れて起動しなくなってからは一切ゲーム入れてなかったんですよ。

でも、今回その禁を破って入れてしまったのが、

「なめこの巣」!!

いや、、、かわいくて(´∀`*)

こういう箱庭系のゲームは、特に避けてたんです。

以前ヘイデイって農場ゲームやってたんですけど、

これに親がハマってしまいまして……。

「ボルトはないか」

だの

「杭はないか」

だの、一人暮らしの時はしょっちゅうメールやら何やらが来て非常に迷惑でしたし、

闘病のために一人暮らしやめて実家に帰ってきてからはメール打つ手間が省ける分、要求は増すしで、本当にウンザリしてたんですよね(ー_ー;)

何よりイヤだったのが、親がゲームにはまり込む姿を目の前で見続けるという苦行でして、

こればかりはホント、何気なくゲームを教えたことを何度も何度も後悔したものです。

スワイプで収穫する系のゲームって、頭どんどん使わなくなりますね。

目の前で親が虚ろな目してスワイプに夢中になってるさまを想像してみてくださいよ。

結局母のゲーム中毒は年単位で続いたわけですが。

ある時「やめようかな」とつぶやきながら私をチラッと見るので、

微笑みながら

「お母さんが納得できるなら、どっちでもいいんじゃない?」

とつい大人な態度を取ってしまったところ、

なんとゲーム続行を選びやがったので頭を抱えました。

さすが世界規模で集客集金してるゲーム。

いい大人の判断力を奪う奪う。

結局それから2~3か月経った頃かな?

ようやくまたゲームのやめ時の話題になりまして、

今度ははっきり「やめてほしい」と伝えたところ、

無事に母のゲーム生活は終了しました。

それにしても、何年間ハマってたんだ?

正直その間、娘の目から見て

ゲーム以外の集中力は落ちましたし

思考能力もバカみたいになくして知力が落ちましたし、

すぐに眠りこけるようになって

脳機能がどれだけ損なわれたんだか、考えるだに憂鬱です。

だから今回のなめこの巣も、

親には見せないように気をつけよう……(;´Д`)

この日記を書きながら、そんな風に思ったのでした。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。