足もみに行ってきました

金曜日に、足もみに行ってきました。

ちょうど一ヶ月前から「官足法(かんそくほう)」という足もみ健康法を取り入れてます。

官足法の本を読むと、すごい体験談が多いんですよね。

  • すごい内容の体験談が
  • すごく多い

んですよ。
もっと健康を回復して元気になりたい私としては、見逃せないなと。

ただこの官足法、欠点がひとつありまして、

とにかく痛い。

自力でやると手加減してしまうので、そこまで痛くはできないです。

そこまで痛くはできないのですが、ツボ押し棒を足裏につき立てるので、それなりに結構痛いです。

官足法には正しい方法を教えてくれる指導員さんという人たちがいまして、指導員さんによる「正しい方法」で足をもみますと、悲鳴が上がるほど痛いです。

ネットや本で仕入れた情報によると、気絶する人もいるとか……。

幸い私がお世話になった指導員さんは武士の情けを知る方で、だいぶ手加減していただけました。

ちなみにこの指導員さんにも当然初めて官足法を体験した時があったわけで、その時は

「10分で全身汗びしょになって、換えの下着を持ってこなかったことを後悔した」

レベルだったとか^^;

そんなこんなで、抜群に効くけどとにかく痛いのが欠点の官足法。

その官足法を、「最低限の痛さ」で施術してくれる場所があるというので、金曜日に行ってきたわけです。

実際、痛いことは痛かったけど、我慢できる程度の痛みでした。

いや、我慢できたのは事前に「失神」だの「肉をナイフで切られるような」だの「切腹覚悟」だのスゴい言葉の数々を聞いてたのもあるかもしれませんが。

※切腹覚悟というのは、官足法の創始者・官有謀先生の奥様のお言葉だそうです。

とにかく、こちらとしてはそういう覚悟を固めて行ってたので、時々猛烈に痛くても我慢がしやすかったんですよね。

ほんと、手加減してもらったと思ってしまったくらい。

でも翌朝、足裏を確認してびっくり。

老廃物とおぼしき固いゼリー状の塊が、薄くなってサイズダウンしてる!

一緒に行った母も、ジャリジャリしてた米粒大の老廃物が、ものすごく小さくなったと驚いてました。

気分も体もスッキリしたし、早速次の予約をしました♪

しばらく頑張って足もみ励みます。

Comments are closed.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。